今までの引っ越し経験談

私は、今50代半ばになりますが、引っ越しは何回も経験しております。初めは、結婚して栃木県小山市のアパートに引っ越した時です。その時は嫁入りダンスを含め、中学の友人に頼んで引越ししました。しかし、結婚して3年8ヶ月で私のお金の問題で別れることになり、実家に戻ったのです。

 

自動車 保険 は比較で得する@クン

その後、実家の近くに2DKのアパートを借りて引っ越しました。1人暮らしの始まりです。そこでは何もかもが自由で楽しかった思い出があります。彼女もできてよく遊びに来ました。しかし、30歳後半の時に病気が出てしまい、飲酒運転事故を起こしてしまい、一番大切な公務員という職業を失ってしまいました。その時は人生で一番辛かったですが、父が車で家財道具一式を何回にも分けて運んでもらいました。

その後は運送会社に勤めることができ、レオパレスのアパートを借りて引っ越しました。布団一つで引っ越せたので、楽でした。1年位住んだのですが、会社の支店長が実家に戻って暮らせと言われ、実家に戻りました。

その後、ネットで知り合った女性が看護婦だったのですが、そのマンションに住むようになり、そこから会社に通うようになりました。引越し道具は自分だけ。それからは幸せに生活しています。

丁寧な対応とは

引越し業者は色々ありますし、競争に生き残るために、自社特有のサービスがあったりすると思います。

しかし、人によるとは思いますが、サービスよりもとにかく安いのが一番という人もいるのが事実です。

私だって、いくらサービスが充実していても料金が高額なのは選ばないと思います。

それよりは、そこまでサービスが充実していなくても安いほうを選びます。

それなりのサービスで十分なのです。

ですから、必要なのか分からない、一部の人にしか受けないようなサービスよりも、丁寧な対応と顧客に優しい料金設定で私は十分だと思います。

これでは差別化がはかれないと思われるかもしれませんが、丁寧な対応というのは十分差別化出来ると思います。

私は何度か引越しをしてきましたが、本当に丁寧な業者というのはそこまで多くはないように感じます。

もちろん、雑とかそういうことではありません。

雑な対応というのは論外です。

丁寧かもしれないけど、月並みな丁寧さというのが多いのです。

これが当たり前なのかもしれませんが。

私が一番いいなと思ったのは、困っているときにすかさず声をかけてくれるとか、ものを落としたときに即効で拾ってくれるとか、痒いところに手が届くと言ったらおかしいかもしれませんが、そういうことです。薬剤師求人クローズ案件スマトン

引っ越しを行う前の周辺環境のチェック

引っ越しする時、物件についての情報を知っておく必要があります。

物件を決める時には、周辺の環境についてチェックしていくことになるのですが、環境については時間帯によって状態が大きく変わってくる場合もあるのです。

 

周辺に商業施設が多かったり、会社が多く存在している場合、昼間は多くの方がいる状態になるため賑やかになってきますが、夜になると商業施設も閉店する為とたんに静かになってきます。

また、会社についても夜になると従業員が帰宅する為、人の出入りがなくなってきます。

昼間賑やかな場所であっても、夜になると静かになる場所もありますので、昼間だけではなく夜間についてもその状態を確認しておく必要があるのです。

とくに、自宅に帰ってきてから静かな環境を求めたいという場合には、色々な時間帯で物件の環境について調べておくとよいでしょう。

 

また、引っ越しを行うとき、隣近所にどのような方が住んでいるのかも併せて確認を行っておくと安心です。

隣近所の方が、親しみやすかったり穏やかな性格であれば、引っ越しを行った後にトラブルなく生活を送れるようになります。

引っ越しした後の生活が気になるときには、隣近所の方についても確認しておくとよいでしょう。

 

引っ越し比較サイトはちょっと面倒かも

個人的に引っ越し比較サイトは、引っ越しする前に情報収集するだけのために使うべきかなって思ったりします。というのも、比較サイト経由で引っ越し業者に連絡を入れると、あらゆる引っ越し屋さんから連絡がくるようになります。サイト上で、すでに自分の情報を入力しているので、入力フォームに入れた内容が引っ越し屋さんに全部伝わってしまうんですね。

だから、何日に引っ越しをするかとかが分かってしまうんです。連絡用に携帯電話の番号とかを入力したりもするので、大手引っ越し業者から何度もひっきりなしに電話がかかってきたりもするんです。一つのところに決めたいのに、各社ともどもお得感とかを打ち出してきます。

お客さんの取り合いになっているので、しつこいところも多いです。ここに決めましたからと言っても引かない相手もいます。乗り換えを勧めてくる人も多いですね。

それゆえ、時間がない引っ越しとかではより面倒なやりとりになったりします。とりあえず引っ越し比較サイトで料金比較などをし、その後一つのところに絞って集中して、ディスカウントとか引っ越し内容とかを詰めるのがおススメです。引っ越しは、直前になればなるほど、タイトなスケジュールになるので、気を付けた方がいいですよ。

引っ越し料金を抑える為の重要な要素

荷物の量が多いと、当然引っ越し業者の利用料金も高くなります。

引っ越し業者はお客の荷物を部屋から運び出し、トラックに積んで新居へと運んでくれます。もちろん、新居への荷物の運び込みも行います。荷物の量が多ければ運び出しと運び込みの手間が増え、荷物の移送に必要なトラックの大きさも変わってくるのです。こうした点でコストがかかることになる為、荷物の量が多いと引っ越し料金が高くなるのも仕方のないことなのです。

とはいえ、やはり少しでも費用を抑えて引っ越しをしたいと考える方は多いでしょう。引っ越し料金を安くする為に荷物の量を抑えることも重要ですが、相見積もりを取ったり料金が安い日程で予約を入れることもとても重要なのです。

引っ越し業者の料金は、実は営業マンのさじ加減一つで大きく変わります。他社からも見積もりを取っておき、少しでも安い見積もりがあればそれを引き合いに出して値下げ交渉を行ってみることをお勧めします。相見積もりを利用して値下げ交渉を行うと、状況によっては当初の見積もり額の半額程度まで料金が下がることもあると言われているのです。

また、引っ越し業者が空いている日程で予約を入れることもポイントになります。平日は比較的引っ越し業者が空いていることが多いので、もし平日に引っ越しが出来るなら、平日に予約を入れるようにしましょう。